• « 2013·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2013’10.28・Mon

好きな色、苦手な色

私は長いことの呪縛?にかかっています。いや、別に困ったり苦しんだりしているわけじゃないですが…。

割と肌の色が白いせいか、昔から母親に「赤が似合うわ~」と言われ続けてきました。
一番印象に残っているのは、小1の時。
私の描いた絵が市だか県だかの展覧会に出品され、大喜びした母がよそ行き用のいい服を買ってあげると百貨店に連れて行ってくれました。
そこで上記の通り赤いものを中心に服を探した結果、購入したのは明るめのワインレッドのワンピース。しかもお揃いの帽子付き。
服を見ながらずっと赤がいいと言われ、試着すれば「やっぱり赤よ~!」と褒められれば、『赤はいいものだ』と幼い私の心に刻み込まれたのもごく自然なことでした。

なので、受験の時に作ったのも『赤い』マフラーでした。

現在も買い物に出かけて赤いものを見ると「お!」と手が伸びますが、年齢も考慮しなければならないのでさすがに即・購入!とはなりません。(小物はちょこちょこ買いますが、服は…ねぇ)

実際に私のクローゼットの中はどうなっているかというと、ベーシックな色だらけ。
白、生成、黒、ベージュといった色がほとんどで、時たま「アクセントがないなぁ」と色味のものを買う感じです。

最近、このヘビロテ4色と私のテーマカラー?赤の他に私の選択肢の中に「やぁ!僕もなかなかイイでしょ?」と顔を出すようになった色がいくつかあります。
それは、グレーの3色。

青は幅が広く、学生服のような紺もいいなぁと思えば、ロイヤルブルーのような上品な青、デニムシャツのような淡い青も気になっています。
グレーは薄すぎず、ザ・ねずみ色という感じや、やや濃いめのチャコールグレー。
黄色はからし色のような色味。
黄色は秋だから気になっている色だろうというのは薄々感じています。
青、グレーは黄色が気になる前から私の脳内に登場していたので黄色よりも長くブームが続きそうな予感。

好きな色は見ていて心がウキウキするので、毛糸を選ぶ時にもそれらの色を選ぶ傾向が強いです。
でも、そればっかり使っていてはダメだという自覚もあるので、苦手な色にもチャレンジしていくつもりです。
食わず嫌いしてただけで、触れてみれば新しい発見があるかもしれないし。

では、苦手な色は何なのかというと、そんなにはありません。
蛍光オレンジ、薄ーい黄緑、眩しいくらいに明るいエメラルドグリーン…くらいかな。
すごくピンポイントなんです。(エメラルドグリーンは中学時代のジャージがトラウマになってるような気が。)

単色で苦手な色はあまりなくて、「この色とこの色の組み合わせは嫌!」というのは昔は結構ありました。
黄緑と紫、オレンジと黄緑、水色と紫…とか。
今も苦手かと聞かれたらそうでもないような気がしますが、昔は何故か異様に嫌がっていました。
歳と共に丸くなったのかしら??

最近は服装もかなり華やかになって本当に様々な色の服を街で見かけるので、外出するとみんなの服装をまじまじと見つめてしまいます。(不審者…)

色の好き嫌いをしないで、服装に馴染むようなものも、ワンポイントになるようなものも作っていけるように精進していきたいです(^.^)
スポンサーサイト

Categorie独り言  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.17・Thu

編み物と私(毛糸編)

編み物スキーな私ですが、重大な欠点があります。
それも2つも。

一つは毛がダメなこと。

肌があまり丈夫な方ではなく、ウールのものはすぐ痒くなってしまうのです。
なのでこの季節のショッピングはちょっと憂鬱です。
ふんわり柔らかで可愛らしいセーターが着られない。あ、可愛いと思って手に取った瞬間、「あ、これはダメだ…」と即座に棚に戻す始末。

ウール以外なら何とかOKなことを大人になってから知り、(子どもの頃はセーター=ばっちりウールだとおもっていた)ちょこちょこコットンやナイロン系素材の混ざったセーターを着るようになりました。

ということで、編み物も自分用の時はウールは極力避けてます。
ウールが入っていた方がほわっと感が出て可愛いんですけどね(泣)

ちなみに、前の記事で載せたマフラーは赤ちゃん用の「赤ちゃんの柔らか肌にもやさしい」といううたい文句のあった毛糸を使用しています。


そして2つ目は恐ろしいほどの静電気体質であるということ。

静電気期間は9月下旬~6月(梅雨前)。
母と妹も静電気体質なので、うっかりに体が触れると凄い衝撃を食らうこともあります。
電気製品を故障させたこともチョロチョロ・・・。
そんな体質なので、仮に肌が多少強くなったとしてもウール物はあまり着られないんだろうな…と思ってます。


でも、肌の弱い人も静電気体質の人も世の中にはごまんといて、私と同じような思いをされている人もたくさんいると思います。
そんな人が手に取れるものも作っていけたらいいな~と思っています。

Categorie編み物話  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.15・Tue

編み物と私(出会い編)

私と編み物のお付き合いは結構長いです。

最初の出会いは5歳。母親も結構編み物をする人だったらしく、洋服ダンスの中には何点か母お手製のものが。
それを見て「いいな~」と思った私は、母に編み物を教えてとせがみ、母もあっさり「いいよ」と応じてくれました。

しかし、5歳児の手は正に紅葉の手のようにちいちゃな手。当然編み針も上手に持てるわけもなく…。
おまけに大人と同じように手を動かせるかといったらそれも当然Noなわけで。
ほどなくして母親に編み針を取り上げられ、「もう教えない」となりました。まぁ、当然と言えば当然の結果です。

5歳児の好奇心は日替わりで、その時は編み物に執着することなく、その後は日々いろんなことを楽しんでいました。

再会は10歳の時。
小学校のクラブ活動で手芸クラブに入り、冬の活動で編み物をすることになりました。
担当の先生はいたけど、教わったという記憶があまりないのでここに好きな課題を設定してやっていたのかも?
当時仲良しだった友達と一緒に毛糸を買いに行き、糸を交換して端っこだけお友達の色を使った模様編みのマフラー(ゴム編みだったかも)を編みました。仲良し4人組だったのですが、その中に一人お姉ちゃんがいる子がいて、その子がお姉ちゃんから教わったらしく色々知っていて彼女の指導の下編んだ…ような気がします。
(彼女は器用でセンスが良く、いつも羨望の眼差しを送っていました)

その後4人組の中でしばらく編み物ブームは続きましたが、中学校に入り、部活も忙しくなり下火に。

高校に入っても私は一人編み物熱が冷めやらぬ状態で、学校と部活でヘトヘトになりながら時間を見つけて細々編んでいました。
部活の友達から頼まれてマフラーを編んだこともありました。
白いマフラーだったので汚れないように編む前は必ず入念に手を洗い、保管も袋にグルグルに包んで…とすごく慎重に取り組んだのを覚えています。

そして大学受験の時。
受験勉強を楽しく集中して行えるようにと自分であるルールを作りました。
『試験勉強を1日〇時間やったら編み物(マフラー)を10段進めてもよい』というルールでした。
出だしは順調でした。目の前の人参につられて毎日机に向かい、達成感と共に楽しい編み物タイム。
でも、マフラーを編み進めていく内に「早く形になるところを見たい!」という欲望がどんどん強くなり、ある日一気に仕上げてしまいました…。ルールが守られたのは1週間か10日くらいだったでしょうか…。

その時のマフラーがこちら。
真っ赤!
未だ現役で活躍中です。
目の前の人参が魅力的になるように、色・素材共にこだわって選んだ毛糸で作った一品です。

そしてその後もマイペースに編み続け、2年ほど前からかぎ針にも手を出すようになり編み物にかける時間が長くなっていき、現在に至っています。

これからはどんな関わりになっていくのかしら?

Categorie編み物話  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.08・Tue

私の編み方

今までずっと本を相手に編み物をしてきましたが、時々良くわからない編み方に遭遇したりして、そんな時は「自分のだしまぁいっか。」と適当な解釈で合ってるのかもよくわからないまま編み進めてきました。

でもきちんと勉強して正しく理解しないとダメだと、土台がめちゃくちゃだとその上に何を積み上げてもグチャグチャになってしまうと思い、きちんと習うことにしました。

そこで衝撃の事実が発覚。
私、表編みも裏編みも「ねじれ」で編んでおりました…。
一段だけねじれていたら網目を見た時にねじれている状態に気づくのですが、常にねじれていたので逆にねじれて見えないという不思議な現象が起き、今まで気づかなかったのです。

あと、かぎ針の時の毛糸の持ち方も基本と違うそうな。
棒針編み歴が長かったので、そちらの持ち方に引きずられているみたい。

持ち方に関しては、自分がやりやすいやり方でも構わない(人に教えるような時は基本を知っていた方がいいけど)けど、表編み、裏編みがこんな状態だったとは本当にびっくり。

ちゃんと習いに行って良かった~。

Categorie編み物話  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.07・Mon

はじめに

趣味のもの作り(主に編み物)をレベルアップさせるべく、マイペースながら日々頑張っていこうとその記録をブログに認めることにしました。

まだまだ試行錯誤の段階(それ以前かも…)なので、少しずつブログも私の方向性も整理していけたらと思います。

Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(0) TOP

 |TOP
ニットショップ・アミクロのホームページ
『アミ・クロ』のホームページへジャンプします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。